このエントリーをはてなブックマークに追加

第2話感想・ネタバレ

始まりました。2週間待った待望の第2話!

最初は何故か少年時代の回想シーン。少年のキリヤ・ケイジは死せる英雄という立場で輝いていたようです。

少年の頃のキリヤはかわいらしいですね!大人期とまったく違う絵のタッチで、ヒカルの碁に近いタッチで描いていますね。

少年時代には死せる英雄として、死ぬことを”ごっこ”で楽しんでいたが、 実際に4回も死んだケイジには、幼少期とのギャップを感じている。

死を軽んじた幼少期・重すぎる死に苦しむ青年期。キリヤの中で少年時代を思い出させるほど、

死のイメージが強いのでしょう。デスノートばりに死の重さを感じる作品です!

そして、死の苦しみを乗り越え、生き残ることを決意! 強すぎるギタイにどう向かっていくのか・・・キリヤ・ケイジに活路はあるのだろうか・・・・?

いやーーギタイの描写が上手いですね!見ているこちらにさえギタイの恐ろしさが伝わってくる作画・内容作りですね!

そして、リタがキターーーーーー!!

序盤にして早速リタの実力が解禁!!バトルアックスを軽々振り回す可愛い牝犬に引かれまくります!

なんと、キリヤ・ケイジをあれだけ苦しめたギタイを一撃・・・・!!!!

リタがケイジが読んでいた小説に触れています!先日2話の考察をした通り、やはりリタの発言は小説に絡んでいましたね。

そして、「本の内容を鵜呑みにして・・・」リタはあまり常識を持たない人間のようですね。

何と言っても、この小説がやはりひとつのキーになっている気がします!

「ケイジ、おまえが死ぬまでそばにいよう」

男らしすぎる発言とは裏腹にリタが可愛すぎるーーーー!!(笑)

こんな可愛い少女があのギタイを瞬殺なんて、なんてチートなキャラクターなんでしょう!

そして、さらに無双の如きバトルアックス使い!!

もう鬼に金棒どころじゃないですね・・・無敵すぎます!

オールユーニードイズキルのヒロインですが、主人公より遥かに強い神様のような存在です!

リタの戦闘を思い出したキリヤ・ケイジですが、あそこに辿り着くにはまだまだ圧倒的に力が足りないと知る。

その中で、未来を変えることのできる可能性があることに気づき・・・

将棋をやっている先輩方から戦闘技術を高めることで生き抜く方法を模索していく!

ま、まるでデスノートの夜神月!!!新世界の神となる状態!!(笑)

第1話では圧倒的草食系だったキリヤ・ケイジがおそろしく変化した第2話。

4回の死はケイジを前へ進めるために凄みを与えた!!まさに何かしでかしそうな顔ですね・・・悪い顔。(笑)

そして、軍曹のバルトロメ・フェレウが一番の古株で生き抜いていることに気づいたキリヤ・ケイジ。

軍曹とともに訓練を積むことで突破口を探す!さらに、死がループしながらも記憶を残していることから、

実践経験が死を繰り返しながら積むことで戦闘技術を学ぼうとしていく・・・・。

まさに覚醒したキリヤ・ケイジ!!

ここまでがオールユーニードイズキル第2話。突破口の兆しを見つけたキリヤの変化を表した2話となりました。

まさにこれからギタイを倒すために動き出していきそうな、次話が待ち遠しくなる話でした!

何と言っても小畑先生の作画能力、そして原作の桜坂洋先生の吸い込まれる話!

どんどん引き込まれるAll You Need Is Killに大注目です!!

あ!ちなみに前回予想した死亡回数は0回!今回はキリヤは回想以外では死ななかったので正解しましたー!!

次話は2014年1月30日(木)発売の週刊ヤングジャンプ9号になります!乞うご期待!!

 

<<1話のネタバレへ

3話のネタバレへ>>

ツイッターで更新情報のお知らせもしてるのでよかったらフォローお願いします♪

最後にポチッとして頂ける
更新の励みになります!(´∀`*)

にほんブログ村 漫画ブログへ