このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載:週刊ヤングジャンプ21,22合併特大号

発売日:2014年4月24日(木)

All You Need Is Kill第13話掲載きました!!先週休載だっただけにワクワクします♪All You Need Is Kill12話では、リタとケイジがお互いのループを知ることになり、協力してギタイを倒しループを抜け出そうとする。完璧にいったはずのループ脱出方法だが、何故かケイジのループが再び起きてしまう。一体何がいけなかったのかわからず動揺が隠せないケイジ、それでも左手にはペンを落とす・・・「160」明日を迎えるために書き続ける数字、ケイジの戦いは続いていく。映画版オールユーニードイズキルの話も進んでいますが、漫画版オールユーニードイズキル第13話はいったいどうなるのか!?

以下、ネタバレを含む感想になります。

【第13話】ケイジとリタの梅干しプレイ!?「ボーイ&ガール」


160週目、ケイジだけがループをし、リタにとっては初めて出会うケイジ。再び涙するリタに対し「また泣かせてしまった」と若干の後悔を覚えるケイジ。やはり、ループをしているのは自分・・・いったい何が原因なのか。わからないままリタと接触するケイジ。


大衆の前で泣かせてしまったリタに対し、突然手を引き走り出すケイジ。突然のことにリタも素直に手を取られ突き進んでいく。ケイジの表情にはループから抜け出せない焦りの表情が・・・。


リタはリタでも159週目の時の記憶がないリタ、このリタはまだケイジに出会うのが初めて、ループが続く限りケイジに出会うリタはケイジを知らないリタ。ケイジの中で自分だけの時間が進む中で悲しい気持ちが進んでいく。


「海に囲まれた土地の空は澄んだいい色をしている」空の青色が好きというリタ。だが着ているジャケットの色は赤色。ケイジは疑問に思う中、リタは「これはリタ・ヴラタスキらしくないな」と気持ちを切り替える・・・。


そんなリタに対し、ケイジは「僕の知っているリタ・ヴラタスキはそんなことない」とリタの心を開こうとするケイジ。

 

ここでまさかの恋への発展ですか!?w


リタが笑ったーーーーー!!クララが立ったよりも感動です!w
今まで自分だけがループし、誰が死んでも心を殺し先に進み続けたリタ。やっと心を開けるケイジという存在に安堵したのでしょうか。
しかし、笑うとさらに可愛いですね♪


「今まで自分がひとりでずっと働いてきたのだ、次はおまえが苦労する番なのは自明であろう」リタはケイジに頼り、先に進んでいく。

それにしてもリタの言葉遣いが可愛すぎますね!これは小畑先生の工夫ですかね?

 

そして、二人で学食へ向かうことに。二人向き合う様子に周囲は不思議な目でそれを見る。何故戦場の英雄ビッチリタとただの初年兵のケイジが一緒にいるのか。


食堂で梅干しを食べるリタ。前と同じリアクションです!梅干しリアクションです!しかし、可愛すぎます!!ずるすぎますリタ!!w


日本人のケイジにとっては梅干しなんて普通に食べれてしまうのが気に食わなかったリタ。負けず嫌いが発動して、食堂にある梅干しを全て食べようとする!そんなリタに周囲はあきれ顔だが・・・「すっぱくなんか・・・ないぞ・・・」というリタに対しケイジは・・・。


こっちも負けず嫌いが発動!梅干しなんて何もすっぱくないとリタに対抗心を燃やす!


しまいには何故か二人で梅干し対決!まさに梅干しプレイですね!w周囲もよくわからないけど、リタとケイジを応援!wそして、よく見て下さい。ケイジの後ろにゴリラ男君がいますね!懐かしい!w


今までずっと続けてきた苦痛のループでご飯の味さえも感じることができなくなっていたケイジ。いや、二人とも笑うことさえ忘れていた。「長いループで忘れかけていた、人と一緒にいて人の声を聞いて人と食事をする、たったそれだけの当たり前のなんでもないことが・・・こんなにも楽しいだなんて」当たり前のことを当たり前ではない苦しみの環境にいて忘れていたケイジ。それを思い出させてくれたリタにケイジの心は・・・。


その夜二人は親好を深め、様々な話をした。ケイジは「リタとのこの今日を失いたくない」その想いのまま時間は進んでいく・・・。二人は明日を越えることができるのか・・・。

 

リタとケイジの梅干しプレイを終えたオールユーニードイズキル13話。次回All You Need Is Killはいったいどうなるのか!?気になる次話は2014年5月8日(木)発売の週間ヤングジャンプ23号に掲載予定!

 

<<12話のネタバレへ

14話のネタバレへ>>

ツイッターで更新情報のお知らせもしてるのでよかったらフォローお願いします♪

最後にポチッとして頂ける
更新の励みになります!(´∀`*)

にほんブログ村 漫画ブログへ