このエントリーをはてなブックマークに追加

All You Need Is Kill第13話では、160週目に入ったケイジが再びリタに出会う。リタにとっては初めて出会うケイジ。ケイジにとってはもう何回目かもわからない・・・そして、2度目のリタの涙。ケイジはリタと共に食堂で梅干しを食べるのを競う・・・ほんの些細なことだが、通常ではない苦痛のループをしていた二人にとってはそれだけで至福のひと時を過ごすことができた。この日のリタ、リタとの繋がりを失いたくない。そのケイジの想いは叶うのか・・・オールユーニードイズキル第14話ではいったいどんな展開がまっているのか!?

以下、オールユーニードイズキル第14話の考察になります。

第14話!今日のリタを失わないためにケイジは・・・【考察】

オールユーニードイズキル14話、ケイジは160週目でリタと分かり合うことができた・・・梅干しプレイはリタの心を開き、ケイジ自身にも安らぎを与えることに。しかし、それでも忘れてはいけない・・・二人は今日を抜け出すことができないことに。159週目での失敗をリタに話すケイジ、それを聞いたリタも必死に考える。今日のケイジとの絆を失わないために。分からぬまま戦場に赴く時を迎える二人・・・何がいけないのか、どの手順を直せばループから抜け出せるのか。ケイジ自身も必死に考えたがわからぬままだった。対するリタには1つだけ気がかりの部分はあった・・・それは、リタがループを抜け出した時と今ケイジと共にループを抜け出そうとする時の違い。

「ケイジがいること」

それが以前のループ脱出との差だった。そして、リタはふとループを初めて脱出した日のことを思い出していた・・・あの日ループを脱出した時に起きるはずのないことが起きていた。リタが最も信頼を置いていたアーサー・ヘンドリクス、死ぬはずではなかった彼が死んでしまったこと・・・それが起きるはずではないこと。リタは1つの可能性を考えていた・・・アーサーはもしやループをしていたのではないだろうか、一般兵の中では尋常ではない強さを持っていたアーサー。「アーサーはループしていた」そう思わずにはいれなくなったリタ。そして、あの死・・・リタの中では今のループが抜け出せない原因が分かってきていた。そして、ある決意をする!それがケイジに深い悲しみを与えると知っていても・・・・・。

 

待望のAll You Need Is Kill14話は次話は2014年5月8日(木)発売の週間ヤングジャンプ22号に掲載予定!

ツイッターで更新情報のお知らせもしてるのでよかったらフォローお願いします♪

最後にポチッとして頂ける
更新の励みになります!(´∀`*)

にほんブログ村 漫画ブログへ