このエントリーをはてなブックマークに追加

週刊少年ジャンプ連載中の学糾法廷。第3話では「小鳥遊愛莉盗撮事件」が起き、美少女小学生アイドルである小鳥遊愛莉ことアイリンの盗撮動画がネット上に流出するという事件が起きた。その犯人として疑われたのが魚澄泳介。彼が怪しいとされる理由はアイリンの下駄箱の前で不信な行動をとっていたこと、よくアイリンをいじめていたことの2点である。学級会がいよいよ始まり学級法廷の中で真犯人を突き止める事ができるのか!?全ては犬神アバクの論破にかかっている!!

学糾法廷第4話あらすじをネタバレ!小畑健新連載・原作「榎伸晃」

いきなり始まったのは判月パインがワクワクさんに変装した姿。後ろにはゴロリ?らしきいつもの黒めがねも・・・ww

この発想はけっこう斬新かもですね♪もう色々な作品をオマージュしてるとかパクってるとか言われまくってるだけにあえてさらに他の作品をオマージュしちゃうというww
こっちの方がすがすがしいです!w

ちなみに何でワクワクさんの格好を判月パインがしているかというと・・・もちろん学級法廷に関係あります!判月パインは仕掛けられたカメラの設置方法を説明するためにこの格好をして図工を始めたのです!小学生らしい!
そして、アイリンが盗撮されたカメラはどこに仕掛けられていたかと言うと・・・どうやらアイリンの下駄箱の下部にもう1枚アクリル盤でダミーの底を作り、その下にカメラを設置することでスリットから盗撮できていたようです!下駄箱の下から2番目にあるアイリンの目線からは靴を取るときにもカメラが見えないということです。
あれ?でも、暗証番号をうつときはもう少し姿勢を低くするから気づくんじゃ・・・ww
まぁ何はともあれカメラはアイリンの下駄箱内に仕掛けられてたようです!管理人の考察は外れてしまいました・・・。

判月パインのワクワクさん劇場が終わり、キメ顔の判月パイン。それに対していつものお決まりの「異議あり!」「さっきの音楽はワクワクさんではなく、先代のノッポさんのものです。」とそこに突っ込んじゃうんですか!w

判月パインに対する犬神アバクの異議は「この方法なら誰でもできる」というもの。それに対して「これは犯行方法を説明しただけでこれから被告の有罪を立証する」という判月パイン。判月パインが魚澄泳介を有罪とする理由はいったいなんなのか!?

そこへ召還される証人の「畠山邦子」。「まーぶっちゃけ魚澄くん以外いないと思うんです」という証人の畠山邦子。

そして、証言する畠山邦子。やはり内容は管理人が予想していた通り、魚澄がアイリンに対して嫌がらせをしていたことが理由だと証言する。どれだけ魚澄のことが詳しいんだという程魚澄の文句を連ねる畠山邦子。そして、アイリンの下駄箱の前で不信な行動をとっていたのが何よりの証拠だと話す畠山邦子。
この証言に対して、反撃の糸口を掴む犬神アバク。犬神アバクが掴んだものは何なのか!?

「異議あり!」証言に対して、またも異議をする犬神アバク。下駄箱の前で行うのは何も盗撮の犯行だけではない。可能性としては普通の学生なら皆こっちを想像するのが普通なくらい自然な行為。それは・・・・。

そして、覚悟を決める魚澄・・・その覚悟とはいったい何なのか!?

な、、、なんとっ!!その覚悟とはラブレターーーーーー!!!
管理人の予想通りーーーー!!それにしても、生々しいラブレター・・・いくらなんでも小学生でこの内容のラブレターはないでしょ!w
僕の青い鳥小鳥遊愛莉・・・天使、女神、運命の人・・・すごい小学生離れしたワード。あれ?どこかで聞いたワードだが・・・これは・・・。

そう、犬神アバクが暴いていたのは魚澄がアイリンを好きで告白したということだった!

小学生らしい下駄箱にラブレターをいれるという魚澄。

だが、魚澄のラブレターを受け取っていないというアイリン・・・そう、学糾法廷3話でのアイリンと魚澄の会話のすれ違いはこのラブレター消失事件が原因だったのだ!
アイリン盗撮事件と同時に起きていたラブレター消失事件。その真相はいったい!?

一体ラブレターはどこにいったのか!?そう、ラブレターは下箱のスリットから入れられ、それはおそらく盗撮カメラを仕掛けたアクリル盤の底に入ってしまったのだ!!
それに気づく犬神アバクと判月パイン。

そして、そのラブレターを犯人が気づき、証拠隠滅したというのがアバクの推理である。ただ、ここで気になることが一点。皆も聞いていたおかしな発言があった・・・それは、魚澄が書いていたラブレターに隠されていた!

証人の畠山邦子がした発言・・・何故畠山邦子がラブレターに書いてある「天使」や「女神」というワードを知っていたのか!?そう、それは・・・畠山邦子が真犯人であり、カメラを仕掛けた張本人、そしてラブレター紛失事件の犯人ということである!

そして、それを認める畠山邦子。発言のミスにより犯行を認めざるを得なくなってしまった。何故親友であるアイリンにそんなことをしたのか・・・それは、隣にいあるだけに気づいてしまったコンプレックス。それが彼女を苦しめていた。

学級法廷判決!!魚澄泳介無罪!!これで無事魚澄の弁護を終えた犬神アバク。

畠山邦子は今後1ヶ月、アイリンに給食のデザートを献上するというすごーーい小学生らしい有罪判決!!ww

しかし、犬神アバクにも暴けきれていないことがあった!それは・・・畠山邦子が魚澄を好きということ。さすがにそれには気付なかった犬神アバク

そして、それを盗撮している犬神アバク!犯罪です!ww

ちなみに魚澄くんは無事アイリンに振られて終わりましたww

幕を閉じた学糾法廷4話。次回学糾法廷は12月29日発売の週刊少年ジャンプ5号に掲載予定!

<<3話のネタバレへ

5話のネタバレへ>>

ツイッターで更新情報のお知らせもしてるのでよかったらフォローお願いします♪

最後にポチッとして頂ける
更新の励みになります!(´∀`*)

にほんブログ村 漫画ブログへ