このエントリーをはてなブックマークに追加

学糾法廷12話のあらすじネタバレ速報です!学糾法廷12話では、犬神アバク対猿飛小太郎の法廷開幕です!
学糾法廷11話では、新事件図工著作権訴訟解決のために動き出した犬神アバクと猿飛小太郎。血の学級会での繋がりがあるだろう2人。神の舌を持つと言われる2人の決着はいかに!?

学糾法廷12話あらすじネタバレ速報!「民事裁判②-法廷編-」

以下、学糾法廷12話のあらすじネタバレ速報になります!

実は弱虫で泣き虫だった犬神アバク。猿飛小太郎にくっついて遊んでた犬神アバクはごくごく自然な小学校生活を送る。
しかし、事件は1年のときの10月をすぎたころに起きた。教師1名、生徒35名、計36名の死者を出した日本史上最悪の学級会。それが「血の学級会
事件は未だ解決していないという血の学級会。

血の学級会での生き残りは「犬神アバク」「猿飛小太郎」「キジマ」、犬・猿・雉の3人。
血の学級会で刑事の大人達が辿り着いた結論はあまりにも残酷すぎた。その結論とは、犬・猿・雉の3人が全ての犯行を起こしたという結論。結果として3人は鬼ヶ島小学校へ転校させられることに。

まさに小学生の監獄「鬼ヶ島小学校」。ここに送られた小学生が過ごす生活こそが犬神アバク、そして猿飛小太郎を変えた原因なのだろうか。

開廷する学級法廷。犬神アバクと猿飛小太郎の対決が今始まる!
犬神アバクとピカソくん。対するは、猿飛小太郎とダビンチくん。

ピカソ&ダビンチ図工著作権訴訟
まずは、ダビンチくんの弁護士を務める猿飛小太郎の論破から始まる。

2人の絵が似てしまうのは何も互いの絵をパクっているというだけではない。「2人が同じブーツを持っていた場合・・・」猿飛小太郎の謎の発言に場はぽかんとする。
すかさず異議を申し立てる犬神アバク!「ルーツの間違いだと思います!」まさかの間違いに会場も猿飛小太郎が三舌の1人だということを疑う。
猿飛小太郎の考察では、ピカソくんとダビンチくんのルーツが同じだという。しかし、ダビンチくんには別の師匠がいる、ゴッホちゃんへの対応も避けるような態度が目立ったというが・・・。

その直後猿飛小太郎から全員が耳を疑う発言が飛び出す!
なんと!ゴッホちゃんはダビンチくんの姉だというのだ!
誰もが驚く驚愕の発言に会場はどよめき、戸惑いを隠せない。

そもそもそんな証拠などあるのか!?問いかける犬神アバクに答えを見せる猿飛小太郎。
忍法「八方証拠手裏剣の術」四方八方に証拠を叩き付ける猿飛小太郎。
一体これほどの証拠を集めるためにどれだけ法をおかしたのか。そこまでして証拠を集める猿飛小太郎。

猿飛小太郎の真骨頂は論破する舌ではなく、証拠収集能力!誰よりも証拠を集める事に徹底した猿飛小太郎。「紙の舌」と呼ばれる程に喋る事に対する評価が低い猿飛小太郎が、三舌の1人に入るのはその能力が故だった。それだけに最強!5分で法廷を終わらせれたのもこの証拠収集能力のためだった。

そして、明らかにまったく同じ絵の2人の絵。たとえルーツが同じであってもそこまで似る事はない。
その事実は猿飛小太郎も承知していた。ではそれが起こりえる事実は・・・「ゴーストライター」ゴッホちゃんはゴーストライターとして2人の絵を描いたのだ!

猿飛小太郎が言った同じルーツとは、絵の指導をしていたゴッホちゃんがゴーストライターだということ!
しかし一体何故ゴッホちゃんがゴーストライターを!?猿飛小太郎の被告人であるダビンチくんさえ猿飛小太郎の言動を疑う!
そして、弁護相手のダビンチくんにさえも怒りの罵声を飛ばす猿飛小太郎!

猿飛小太郎に対して、反発するゴッホちゃん。
ゴッホちゃんがゴーストライターをした証拠なんてない!そう言うゴッホちゃんだが、これにも当然証拠を用意している猿飛小太郎!
ゴッホちゃんの家に侵入して、ゴッホちゃんが2人の絵のゴーストライターだという証拠を叩き付ける!

犬神アバクでさえ口を出す隙がない猿飛小太郎の証拠叩き付け祭!
検事として敵対してきた判月パインでさえ、犬神アバクのやられっぷりに戸惑いを隠せない。
この学級法廷は猿飛小太郎の論破で解決か!?

差し出す手に反発する犬神アバク!「相変わらず単純な脳味噌してんなぁ」言い放つ犬神アバクには何か秘策があるのか!?

そしてここから犬神アバクの反撃!事件は背後にあるより大きな影へとせまる!

気になる学糾法廷13話事件解決編は2015年3月9日月曜日発売の週刊少年ジャンプ15号掲載予定!
本サイトでも学糾法廷13話のネタバレ考察をするのでお楽しみに♪

<<11話のネタバレへ

13話のネタバレへ>>

ツイッターで更新情報のお知らせもしてるのでよかったらフォローお願いします♪

最後にポチッとして頂ける
更新の励みになります!(´∀`*)

にほんブログ村 漫画ブログへ