このエントリーをはてなブックマークに追加

学糾法廷8話マジカルハッピー事件の真相は!?真犯人は一体誰なのか!?
学糾法廷7話では、新たな事件マジカルハッピー事件が勃発!天秤小学校内にて麻薬に近い成分をもつ(?)マジカルハッピーの中のマジカルパウダーが売買されていた。そこで、1つの事件が起きる。同じクラスの田中くんがマジカルパウダーの虜になり禁断症状を起こしてしまう。
その取引現場に現れた白鳥麗子がマジカルパウダーの売買の真犯人なのか!?真相はいかに!?

学糾法廷8話あらすじ考察!マジカルハッピー事件の真相は!?

マジカルハッピー事件、真犯人は犬!?

マジカルハッピー事件で田中くんが起こしていた禁断症状・・・その禁断症状には実は1つの共通点があった。
それはマジカルハッピーの近くやそれを触れたものに接したことというのもあるが、実はその時にいつも犬が絡んでいたのです。
最初に禁断症状を起こした体育倉庫でも田中くんは幻聴で犬の遠吠えが聞こえたと言っていました。これは実は幻聴ではなく本当に体育倉庫に犬がいたのです!そう、そして2回目に禁断症状を起こした時も犬神アバクと七星てんとが白鳥麗子の飼っている犬と関わった後。
そうなのです、田中くんが起こした禁断症状はマジカルハッピーによるものではなく極度の『犬アレルギー』なのです!!

そして、仮面の男からマジカルパウダーを盗み取ったのも犬なのです。それは白鳥麗子の飼っている犬です!
七星てんとのマジカルハッピーを食べるあの犬のしぐさから察するにマジカルパウダーにはまってしまった白鳥麗子の飼い犬はその匂いにつられ体育倉庫に来て、そこで仮面の男が持っているマジカルパウダーを文字通りきれいさっぱり舐めとってしまったのです!
白鳥麗子が前回の学糾法廷で体育倉庫にいたのはその飼い犬を探しに来たからに間違いないです。

ただ実はこれでは田中くんの容疑の学校にお菓子を持ってきたという事実は拭うことはできません。事件の真相は掴めたものの田中くんは有罪として何かしらの罰を与えられるのではないでしょうか。
そして、仮面の男は誰なのか!?何故マスクの上にさらにマスクをつけていたのか!?

真相は2015年2月2日月曜日発売の週刊少年ジャンプ10号に掲載予定!

ツイッターで更新情報のお知らせもしてるのでよかったらフォローお願いします♪

最後にポチッとして頂ける
更新の励みになります!(´∀`*)

にほんブログ村 漫画ブログへ