このエントリーをはてなブックマークに追加

週間少年ジャンプにてデスノート、バクマン、ヒカルの碁、オールユーニードイズキルを描く小畑健の最新連載がきましたよーーーー!!
小畑健の漫画作品はかなり久しぶりですし、今週間少年ジャンプはナルトも終わってあまり楽しいのがないのでこれは期待大すぎます!
新連載作品名は「学糾法廷」小学校を舞台に、小学校内で起きる問題を主人公の弁護士と敵対する検事がそれこそ世の中に本当にある法廷と同じように議題に対して論議を繰り広げて解決していく!
週間少年ジャンプでの推理物の漫画はけっこう久しぶりなのでジャンルとしても待ち望んでいた人は多いような気がします♪

本サイトでは、小畑健新連載の「学糾法廷」のあらすじ、ネタバレ、考察を紹介していきますので気になる人は是非チェックしてみてくださいね!
それでは、気になる新連載第一話のあらすじとネタバレを紹介していきます!

学糾法廷第1話あらすじ!小畑健新連載・原作「榎伸晃」

「学糾法廷」第1話:スズキ君バラバラ殺人事件

2012年いじめ問題、2013年体罰問題、世はまさに「学級崩壊時代」。そんな全国の小中学校の問題を解決するために導入した制度が「学級法廷制度」!小畑健新連載のタイトル通り学校での学級会で問いただして調べ答えを導きだすその名も「学糾法廷」

まさに現代の問題に眼を向けたテーマになってますが、何と言ってもジャンプらしさが残っているのは法廷をするのが子供達自身というところ!学級会で法廷を行い、それを少年誌らしいタッチと内容で届ける新しい推理作品ですね♪タイトルの「学糾法廷」も糾にひとひねりがあってシンプルで良さげ^^

子供達自身で解決していく仁義なき学級会が今始まる!

やっぱり、小畑健の絵のタッチはすごいですね!本当に絵がきれいで何よりキャラのデザインがすごく引き込まれる!でも、一部では学糾法廷は他の作品のパクリという疑惑も出てますが、どうなんでしょうね?w

舞台となる小学校にある日転入してきた「判月鳳梨」と「犬神暴狗」。どう考えてもこの作品の主役級な紹介をされた2人。表紙的に主人公はもちろん犬神暴狗ですが、この2人のネーミングやっぱりジャンプっぽくてやばいですね!w名前的に作画の小畑健が考えていそうです!それか、原作の「榎伸晃」が実は大場つぐみという可能性は・・・・あるかな?

ヒロインっぽい判月パインはプリキュアが好きみたいです!THEブリっ子モテ女という漫画の中にはよく登場しそうなキャラ設定ですねー。でも、やっぱり小畑健が描くとキャラが引き立ちますね♪

そして、学糾法廷の主人公となる「犬神暴狗」転入の挨拶でDSやりながら挨拶とは、こやつ大胆だな・・・。そして趣味が"論破"とは、こんなマセガキ小学生いたら叩き潰してあげたくなりますよねっ♪www

そして、当然のように「学校にゲーム持ってきちゃダメでしょ」と女の優しそうな先生。まぁ当然っちゃ当然ですよねw

ところが!!「どうして学校にゲームを持ってきちゃいけないんですか?」と先生の意見に真っ向から反対する暴狗!いやいや、普通に考えちゃ持ってっちゃダメでしょーーー!モンスターペアレンツならぬモンスターストゥーデンツ!!!wこんな小学生いる担任絶対やりたくねーーー!ww

さすが、趣味が論破・・・先生の言い分を見事に論破します!確かに、始業前だし言ってることは正しい!大人顔負けの頭脳ですね!

そして、てんとう虫頭の七星てんと君に接近してくる暴狗。その理由はなんと、今学級で問題になっているズズキ君バラバラ殺人事件の容疑者とされているてんと君の弁護をするためだった!!

そう、犬神暴狗は学級会での弁護を担当する弁護士だったのだ!!

ヒロインっぽかった判月鳳梨はなんと!!!容疑者を責めたてる検事だったのだ!!!

そして始まる学級法廷!そもそも学級法廷制度とはいったい・・・!?

学級法廷制度とは、学級の中で起きた問題に対し、裁判を行い判決する制度。問題を解決するために、容疑者に対し弁護士と検事をたてさらに証人を招き事件を解決していく小学校なのに大人のように事件を解決していく制度!まさに作品名学糾法廷の通り、学級会で問いただして調査する制度になっている!

今回の学級会の議題は「スズキ君バラバラ殺人事件」。小学校でバラバラ殺人事件が起こるなんて・・・なんてえぐい世の中!そして、デスノートを超えるジャンプにそぐわない超絶ダーク作品!?

と思ったらスズキ君て魚っ!!!wwスズキ君は顔に★型のあざがある魚、みんなに可愛がられ教室で飼育されていた。小学校とかでよく学級で育てているあれですね!

只、学級でひとつ大きな問題が起きた。それは、授業で食育をすることになり、スズキの魚を食育することとなった。しかし、食育していく過程でスズキ君に愛着がわきすぎ、魚であるスズキ君を「このまま飼育していく」のか、、、それか、「食べる」か!選択肢はこの2つ!食育って、小学生にしてまじかっ!なんとダーク!!ww普通食べないでしょ!育てた魚!ww
そこで、意見が女子と男子で真っ二つに分かれ、女子は「このまま飼育していく」男子は「食べる」に意見が分かれた。多数決は20対19で女子の「このまま飼育していく」に決まったのだが、その3日後・・・・・・

ス、スズキ君っっ!!!!なんと、こ、無残にもバラバラに惨殺されてしまった・・・!!ぐ、グロすぎるスズキ君の死にざま。。さすが小畑健、魚の死をこんなに惨たらしく描けるなんて。そして、スズキ

そして、立ち上がる犬神暴狗。暴狗はこの難事件を解決できるのか!そして容疑者にされてしまったてんと君を救うことができるのかっ!!??

てんとが疑われいる理由は、スズキ君が惨殺される前日にいきもの係をして最後にスズキ君を見ているだろうこと。そして、てんとのハサミに魚の鱗が不着していたこと。圧倒的にてんと君を疑う中、確信を得ているような表情で事件を解決すると叫ぶ暴狗!てんと君は男子に混ざり、はぶられないように男子と同じ「食べる」に泣く泣く投票したが、でもスズキ君の飼育担当は「いきもの係」のてんと君だったのだ。てんと君は本当はスズキ君を殺したくないはずなのに、はぶられるのを怖がり食べる方に投票してしまった。

そんなてんと君を見て、ふと暴狗はてんとう虫の話をする。てんとう虫は触れると死んだふりをする生き物だが、それはわざとやっているわけではなく、「擬死反射」という反射行為だという。そのてんとう虫の行為はまさに今のてんと君そのものだという暴狗。

そして、思いつめる暴狗、、犬神暴狗の過去にはいったい何があったのか!?教室で無残な光景が広がる中、絶望の表情を浮かべる暴狗と他2人。黒板に描かれた「いぬ いぬがみあばく さる さるとびこたろう きじ」この文字は一体・・・見るからに桃太郎を思い浮かべるが・・・。

「てんとう虫はもう手遅れだが、お前はまだ飛べるだろ」とてんと君を激励する暴狗、そして突きつける証人要請の紙!この証人が学級法廷の切り札だ!自身満々に言い放つ暴狗が召還しようとする証人とはいったい・・・!?

シーンは変わって判月パインの家、家っていうか風呂!バスタブに入るパインの頭を洗うパインの付き人・・・目隠しをしてwジャンプだけどこうゆうのは忘れずにサービスしますよね小畑健!w

そして、犬神暴狗の生い立ちの話をするパイン。弁護士になるには司法試験を通る必要があるが、それには2年間の厳しい教育が必要・・・だが、この世にたった3人だけそれを通らずに独学で司法試験を突破したものがいる。そして、犬神暴狗は学級法廷で裁かれた者が行く小学校「鬼ヶ島小学校」の生徒だったようだ・・・。

これは確実に桃太郎でしょ!そして、犬、猿、キジ。おそらく鬼ヶ島小学校で犬神暴狗、さるとびこたろう、そしてキジであろう人物。こいつらが独学で司法試験を突破した3人なのは間違いない!

そして、始まる学級会!いよいよ学糾裁判の始まりだ!!

闘うのはもちろん検事「判月鳳梨」VS弁護士「犬神暴狗」

証人と証拠と動機を突きつける判月パイン。証人は3名、スズキ君の死の第一発見者の女子学生、担任の先生、てんと君の友達でもある男子学生。女子学生はスズキ君が死んだ後もプールでスズキ君の幽霊を目撃したと言っている。そして、スズキ君が死ぬ前日にいきもの係のてんと君に教室の鍵を渡したという先生。男子学生が20名、女子学生が19名なのに食べるか飼育していくかの投票が女子の投票する飼育する方に20名入ったという謎を話す男子学生。動揺を隠せないてんと君だが、もう疑われる証拠が揃いきっているこの状況だが、暴狗は逆転することができるのかっ!!??

キュートに有罪だと突きつけるパイン!何かロッドを持ってます!キュートです♪w

これだけ、攻め込まれた裁判だが「反撃の証、整ったり!」とここでまさかの確信を得た犬神暴狗!いったいどこで確信を得たのかっ!?そして、裁判は暴狗側の証人を召還するところで・・・。

ここで、次回に続くが、続け方もまた工夫してていいですね♪推理ものでよくある読者に登場人物が語りかけてくる表現方法!見ているこちら側もついつい推理してしまいたくなる作りになってるのが学糾法廷のようですね♪

そして、気になるキーとなる証人はいったい!?そして、暴狗がヒントとする「擬死反射」が意味するのはいったい何なのか!?

 

気になる「学糾法廷」第2話は12月8日月曜日発売の週刊少年ジャンプ第2号にて掲載予定♪

2話のネタバレへ>>

ツイッターで更新情報のお知らせもしてるのでよかったらフォローお願いします♪

最後にポチッとして頂ける
更新の励みになります!(´∀`*)

にほんブログ村 漫画ブログへ